So-net無料ブログ作成
検索選択

【『ノモンハン : 見下ろす神、地を這う神』 第六十九回】 [ノモンハン考]

【『ノモンハン : 見下ろす神、地を這う神』 第六十九回】

▼《ノモンハン戦車戦 ②》

ノモンハン事件関連の書籍で、おそらく一、二を争うであろう高価な資料を買った。

  『ノモンハン戦場日記(ノモンハン会=編 新人物往来社)』

十三年前の刊行で、定価は1900円なのだが、プレミアがついて一万二千円だった^^;
どなたか、「神田の古書店で三千円で売っていたぞ」とか報告してください。
私、泣きます^^;

だが、事件中の現場の資料としては一級品の代物だと思います。
これから、たびたび、引用すると思います。

▼「六十七回」で、『ノモンハン事件の真相と戦果』から、こんな一文を転載した。

  《日本軍はソ連戦車を破壊し続けた。
   「一千米以内に入れば日本軍の速射砲は百発百中だった」
       (軍曹 前田義夫氏「ノモンハン戦」御田重宝著)。
   高射砲では一千五百米でもソ連戦車を破壊した。      》

『ノモンハン戦場日記』をパラパラと紐解いていたら、ちょっと相応しい手記が発見されたので転載したい。
この手記の書き手は、高射砲の砲兵であり、上記の速射砲とは、異なるものであるのだが、
旧陸軍で言うところの「速射砲」とは、「連発能力」ではなく、敵戦車の装甲を貫通させるに足る速度について「速射」と言っていたのだそうだ。
故に、これから紹介する手記の高射砲も、対戦車なので、意味的に対応させたいのである。

ちょっと長いが、全文掲載するにしては短いので、転載する。
ここでの日付は、ノモンハン事件での一番苛酷なるソ連による大侵攻の時期である。
また、舞台となるノロ高地も、最激戦地の一つである。

▼  『高射砲の対戦車戦闘』
        第十三野戦高射砲隊(鈴木隊) 中村 吉太郎

 ノロ高地は草原で、丘陵からは敵陣地が見え、木の遮蔽物も無いので凹地に陣地を構築し、高射砲の高低が五度から十度の範囲の稜線に敵戦車が現れたら、零距離射撃で対戦出来る好条件の陣地であった。
 頼みとするは、裏山での森田部隊(注、歩71)の歩兵が、我が陣地を援護してくれる事であった。

  八月二十一日
 日没に、左側面の稜線に戦車が進撃してきた。初めての水平射撃であり一分隊は死角で、三分隊、四分隊のみで必死の射撃、方向高低の眼鏡に戦車の先端をとらえ、修正なしで距離は一五〇〇メートル、信管は零位置で一斉に発射された。砲弾は草を薙ぎ倒し火の弾道を描き乍ら、戦車のエンジンに命中、パッとライターの火の如く燃え上がる。次々と発射する弾丸は後続戦車にも命中、その中の一台は火を吹き乍ら我が陣地に突撃してくる。五、六十メートルの所で無我夢中で撃った弾が命中、擱坐せしめた。その戦車の天蓋を開けて逃げる敵兵を十数名で追いかけた。小生の後から来た歩兵上等兵が、敵兵を銃剣で突き刺した。その時のソ聯兵の凄じい形相は、忘れられない。

  八月二十二日
 深夜、自動車の音が近づき、●(手偏に庵)体の五、六メートル前で止った。友軍の車か段列の車だと思っていると、降りて来た兵士が「ウラー 〃」と叫ぶと同時に、手榴弾を投げ込んで来た。宮野君の腕に当り何か知らず、●(手偏に庵)体の外に投げ返した。敵と確認すると眼の前の車輛を射撃、運転台の配線を貫き敵兵は暗闇を逃げる。その車は給養車で、食料が積込んであった。

  八月二十三日
 昼間、陣地の裏の稜線から監視すると、左前方五、六キロの一本松がある周辺に、黒ゴマを蒔いた様に、戦車の大群が終結しているのを発見し、身の毛がよだつような感じ、この戦車攻撃を受けたら玉砕だと覚悟している晩のこと、射撃態勢を整え待機していると、案に違わず稜線上に浮かび上がったのは、続々と連なる戦車群である。其の時も第一分隊は死角にあり、三、四分隊のみ視界が有効で、二門の火砲しか間に合わず、隊長の号令で一番先頭戦車に向け射撃を開始、次々と砲弾が命中して五台の戦車が火を吹き、さしもの大群も我が鈴木隊の火力に恐れて退却した。
 それまで占領されていた隘路(注、旧工兵橋か)を通り後方へ退る事が出来、我々の通過後間もなく再び占領されたとかで、神の助けだと感謝した。

▼・・・この頃、ノロ高地は、ソ連軍に包囲されつつあったと思われる。
文中の「一本松」が、ノモンハン地図上の有名な幾つかの松の木のどれかは分からない。

だが、おそらく、この時期は、鈴木隊の敵への向きは西ではなく、南向きだと思われる(文中の第一分隊は、高射砲隊の右翼・西側に陣取っていたのだろう)。
本来、敵は国境である西側にいるはずだったが、この頃、ジューコフ将軍による大攻勢がはじまっていた。
戦場は、大物量を誇るソ連軍に大きく包囲されつつあった。

と考えると、「一本松」は、完全なる満州領である東側にあった、通称「ニゲーソリモトの一本松」であったかもしれない。
撤退経路となった「旧工兵橋」も、ノロ高地の東東北にある。
完全に、背後を取られていたのである。
上記の手記は、包囲されていたノロ高地からの脱出劇であった・・・。

しかし、個人の兵士の手記と言うものからは、なかなか、その大きな状況は読み取れない。
兵士たちは、目の前の敵と懸命に戦っていただけだ。

そして、ソ連の大包囲作戦に対し、日本軍上層部も状況を把握できていたのか?
目の前で敵と戦うことさえも出来ていないのに・・・。

ノロ高地には、二十三日に赤旗が立てられた・・・。
                         (2007/09/01)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

deliciousicecoffee

『ノモンハン戦場日記(ノモンハン会=編 新人物往来社)』の画像を拝借させてください。
by deliciousicecoffee (2009-08-27 21:43) 

想像湧水

こんにちわ^^

どうぞどうぞ、お使い下さい。

私の親指が出ていますけど。

deliciousicecoffeeさんのサイトも覗かせて頂きます^^
by 想像湧水 (2009-09-01 01:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。