So-net無料ブログ作成
検索選択

【『ノモンハン : 見下ろす神、地を這う神』 第九十二回】 [ノモンハン考]

☆やはり、私は、ノモンハンで戦った英霊に、後押しされているのかも知れない・・・。

 本日、出勤し、上司と車で街中を巡っていると、とある街中で、古い雑誌が束で捨てられているのを見た。

 走る車窓から、それが、歴史の雑誌だと分かった。

 欲しかった・・・。

 しかし、私は転職したばかりで、同行の上司に、それを拾いたい、などとは言えなかった。

 20メートルほど進み、赤信号で車は停まった。

 何かに突き動かされて、言った。

「僕は歴史が好きなのですが、今、歴史の本が束になって捨てられていたので、拾って来ていいですか?」

「おお^^」

 私は、府中の町を走った。

 そして、三つの雑誌の束を拾った。

 ほとんど、「中央公論」増刊の『歴史と人物』、『歴史と旅』(秋田書店)、『歴史読本』(新人物往来社)であった。

 エッチラオッチラと、三つの雑誌の束を車に運び込んだ。

 その一つの束の、一番上の表紙を見て驚いた・・・。

   歴史と人物.jpg

     特集<ノモンハン事件の再検討>

                 だそうだ・・・。

   ◇   ◇

 その発行日は、昭和五十九年十二月二十五日だった。

 ノモンハン事件の、ソ連側の重要な要素が判明する、ゴルバチョフによる<グラスノスチ>以後、ではある。

 しかし、その情報の恩恵は、まだ、日本にまで訪れていなかっただろう。

 ・・・その目次。

   ノモンハン目次.jpg

 これから読んでいくが、雑誌で、これだけノモンハンを記した作品はないだろう・・・。

 ノモンハン従軍者の対談もある。

 そして、その司会は、半藤一利である^^;

 しかし、この頃は、半藤や司馬遼太郎による、「ノモンハン愚戦」論が固まる以前の、もっと幅のあるノモンハン考が語られる時代であったと思う。

 半藤自身の考えも、そうは固まっていなかったと思う。

 とにかく、その内容の報告を待っていて欲しい^^

 A・D・クックスや伊藤桂一も稿を寄せている。

 これから、寝る前に読むのが楽しみだ!

                                                    (2008/10/09)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。